スポンサード リンク

2007年04月09日

当座預金

企業の資金決済に利用される

主として企業の資金決済用に利用され、預金の支払は小切手や手形を通じて行われる。なお、当座預金には、預金残高を超えて支払行う当座貸越契約があり、最近利用が急増している。

当座預金は要求支払預金のひとつであり、企業や個人が資金の支払い、受取りの出納事務を銀行に代行させる預金であり、支払は当座勘定取引契約に基づき、手形や小切手を通じて行われる。

具体的には、企業等が商取引の決済用等に振り出した手形や小切手は受取人、手形所持人等の取引銀行通じて手形交換により支払銀行に呈示され、振出人など最終的な支払義務者の当座預金口座からの引き落としにより形成される。

一方、当座預金口座には現金、手形、小切手、他社からの振込みなど様々な形態で資金が預け入れられるが、手形・小切手で受け入れた資金は、手形交換を通じて、決済官完了が確認されるまでは支払資金としては利用できない。

当座預金には、約定した一定極度の範囲内で預金残高を超えて支払行なえる「当座貸越契約」というものがあり、手形貸付や証書貸付など他の貸出形態に比べ印紙税節約等のメリットがあることから、最近利用が急増している。

当座預金に対する付利は、1994年10月に行われた流動性預金金利自由化後も、引き続き、決済サービスの維持・確保の観点から、臨時金利調整法および同法に基づく大蔵大臣告示により禁止されている。
| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融業務の仕組み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。