スポンサード リンク

2007年04月06日

オプション市場

一定の期日・価格で売買する選択権の取引のこと

オプション取引とは、予め定められた期日あるいは期間内に、予め定められた価格で、商品や証券を売買する選択権を売買することで、為替リスクのヘッジなどに利用されている。

オプションの買い手は、「プレミアム」と呼ばれる代金を支払うことによって、売買を実行する権利を購入するが、売買を実行する義務はない。逆にオプションの売り手は、プレミアムを受け取る代わりに、売買が実行された場合には、これに応ずる義務を負う。

オプション取引の代表例としては為替オプシヨンが挙げられ、為替変動リスクのヘッジ手法としてしばしば用いられる。オプションは為替先物予約と異なり、取り決めた価格でドルを取る義務はないので、予測が外れドル高となった場合は、その時点の為替相場でドルを売れば、差益を享受することができる。

オプション取引先物取引スワップ取引やこれらを組み合わせた複雑な金融取引を、基本的な長期・短期の金融市場取引から派生した取引という意味で「デリバティブス」と呼んでいる。デリバティブス取引は、近年急速に拡大しつあり、各方面から注目を集めている。
| Comment(0) | TrackBack(0) | 様々な金融市場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。