スポンサード リンク

2007年04月04日

株式市場

安定的な事業資金を調達する手段として重要とされる

株式とは、会社が事業を行う集団を集める際に、金額に応じ割り当てられる株主としての地位のこと。株式は元本を償還する期限が付されていないため、安定的・長期的な資金を調達する手段として重要だ。

株式とは、株主としての地位を表す証券だ。具体的には、会社が計上した利益を配当として受ける権利や、会社が解散時に残した資産の分配にあずかる権利と、株主総会での議決権行使など経営に関与する権利とを指している。

株式は証券の形をとって、転々と流通する性格を備えているため、投資家とては売却していつでも資金を回収でき、好都合だ。したがって、株式は巨大な資金を不特定の投資家から集める手段として、現代では広く利用されている。

また株式は、元本を償還する期限が付されていないため、発行する企業にとって安定的・長期的な資金を調達する手段として、重要度を高めている。

一方、投資家にとっては、自己の責任で事業の将来性・成長性を判断しなければならないが、リスクも高い代わりに高収入を得られる可能性がある点で、魅力的な投資手段のひとつといえる。

株式についても公社債と同じく発行市場、流通市場が存在する。株式は通常、各地の証券取引所で取引されるが、このほかに証券会社の店頭で取引される店頭市場がある。
| Comment(0) | TrackBack(0) | 様々な金融市場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。