スポンサード リンク

2007年04月04日

公社債市場

公社債の発行・流通を行う市場のこと

国債、地方債、政府保証債金融債事業債などの公社債の発行・流通を担う市場だ。1年以上の長期資金の運用・調達の場として重要。

国や地方自治体、事業会社や金融機関が、資金調達の手段として発行する有価証券を一般に債権という。このうち、「公債」=国や地方自治体の発行する債券と「社債」=一般の事業法人が発行する債券を総称して公社債という。

経済主体が長期(1年以上)の資金を運用・調達する場を長期金融市場というが、これには公社債を取引する公社債市場と、株式を取引する株式市場がある。

さらに公社債市場には、資金を調達しようとする経済主体が、投資家に公社債を第一次的に発行する「公社債発行市場(プライマリー・マーケット)」と、すでに発行された公社債が投資家の間で二次的に売買される「公社債流通市場(セカンダリー・マーケット)」がある。

現在わが国で発行されている公社債には、「国債」、「地方債」、「政府保証債」、「金融債」、「事業債」などがある。中でも公社債市場の中心は、発行・流通市場とも圧倒的に量の多い国債だ。1970年代半ば以降、国債が大量発行されたことに伴い、発行市場、流通市場とも徐々に整備が進められてきた。

一般の事業法人の発行する事業債については、従来から課題とされた発行コストの高さや、機動的・弾力的発行が難しいことなども、金融制度改革の進展に伴い、改良されつつある。
| Comment(0) | TrackBack(0) | 様々な金融市場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。