スポンサード リンク

2007年04月04日

オープン市場

市場参加者が限定されない市場のこと

事業法人など金融機関以外でも参加可能な市場で、CD市場、CP市場、TB市場、FB市場などがある。近年は金融自由化の進展などに伴い、オープン市場が急拡大、多様化している。

オープン市場は、事業法人、官公庁共済組合、地方公共団体など金融機関以外でも参加でき、これはCD市場、CP市場、TB市場、FB市場、債券現先市場などがある。

わが国の短期金融市場には、伝統的にインターバンク市場を中心に発展してきたが、1970年代半ば以降、マネーフローの変化(公共部門の大幅な資金不足化、民間法人部門の資金不足縮小)、金融の国際化・自由化などを背景に、オープン市場が急速に発展し、同時に、商品内容の多様化、小口化、取引期間拡大、経済面での国債受け渡しのオンライン化など、各種環境整備も進められてきた。

CD(譲渡性預金)は、譲渡可能な自由金利の大口定期預金として1979年に創設された。公的性格は預金で、発行主体は預金取引金融機関に限定されており、譲渡の際には民法上の指名債権譲渡の手続きが必要だ。

CP市場は1987年に創設され、企業が発行したCP(法的性格は約束手形)は、主に証券投資信託や信託銀行(信託勘定)などの大口投資家に販売されている。

FB(政府短期証券)は、国庫の一時的な資源不足を賄うために発行される短期の資金繰り債、TB(短期国債)は、長期国債の大量償還・借換えの円滑化を目的に発行される証券だ。
| Comment(0) | TrackBack(0) | 様々な金融市場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。