スポンサード リンク

2007年04月02日

金融機関

信用の仲介や斡旋などの金融業務を営む機関のこと

信用の仲介や斡旋を中心とする金融業務を営む機関を金融機関という。金融機関は設立運営の主体や目的に応じて多様な種類に分類できるが、日本は先進諸外国に比べ少し複雑に細分化され過ぎているようだ。

金融機関には、その目的や業務内容に応じて様々なものがあるが、設立運営の主体別に整理すると、中央銀行(日本銀行)、民間金融機関政策金融機関(公的金融機関)に分けられる。

中央銀行は民間銀行との国の共同出資による特別な銀行で、政府の銀行、また、銀行の銀行として、金融政策や信用秩序の維持に重要な役割を担っている。

民間金融機関は、個人や企業との取引を通じて、国民生活との密接な関係を持っている。民間金融機関は、その機能によって金融の仲介を行うものと、それ以外のもの(金融斡旋、ブローカー活動)に分類される。

前者はさらに預金業務を行うものと、そうでないものに大別されるが、両者はさらに様々なタイプの金融機関に分類できる。

政策金融機関(公的金融機関)は、特別な政策目的を遂行するために国が設立、運営する金融機関で、郵便貯金制度は、公的年金保険制度は、政府金融機関などから構成されている。

このように日本の金融機関は、大変細かく複雑に細分化されている。金融機関に様々な種類があるのは、諸外国に共通なことはいえ、日本は少し複雑すぎるようだ。
| Comment(1) | TrackBack(0) | 金融機関の種類
この記事へのコメント
消費者金融の比較サイトです。
Posted by 消費者金融 at 2007年04月03日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。