スポンサード リンク

2007年04月02日

与信と受信

一定の条件に従い資金の利用を許容すること

買物代金をツケにしたり、友人にそれを立て替えてもらうように、資金の利用を許容すること信用という。この意味での信用を提供することを与信、受けることを受信といい、信用受信金融の中枢的な機能だ。

信用という言葉は幅広い意味を持っているが、金融の世界では、一定の期間、一定額の資金の利用を許容する行為のことと考えられる。また、このような意味での信用を与えることを与信、信用を受けることを受信という。信用の授受は金融の中枢的な機能であるだけではなく、現在の経済活動にとって非常に重要な役割を果たしている。

信用の授受は様々な形で行われる。ある商品を購入したケースを想定する。代金の支払いを、商品購入時ではなく、1カ月後にすれば、この間、売り主は買主に信用を供与したことになる。買い主は、信用供与のおかげで、商品購入時に売り主に支払うべき資金を、1カ月手元にとどめ利用できる。

また、買い主は、購入代金相当額を1カ月後に返済するという条件で銀行から借りてきて、売り主に支払うこともできる。この場合は、銀行が売り主に代わって買い主に信用を供与したことになる。

いずれの場合も、買主にとっての経済的な効果は同じだが、経理処理上、売り主と買い主との間の信用授受は、売り主は売掛金、買い主は買掛金の増として処理されるが、銀行から借り入れる場合は、銀行は貸付金、借り主(買い主)は借入金の増として処理するという違いがある。
| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融と経済活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。