スポンサード リンク

2007年04月02日

決済機能

債券債務関係を計算するためのシステムのこと

円滑な経済活動のためには、健全で安全な決済機能が不可欠だ。決済機能の提供は銀行の重要な使命で、そのために銀行経営の安全性、健全性が強く求められている。

ある商品を購入した人が売り主に代金を支払い、債券債務関係を生産する行為を決済という。決済の基本型はこのような現金の授受によるものだが、実際の経済活動では、直接的な現金の授受に代えて、銀行口座を利用する決済方法が普及している。

例えば、買い主が売り主の銀行口座に代金を振り込んだり、手形や小切手を発行する方法だ。手形や小切手は、手形交換という一定のシステムを通じて、資金を支払い人の預金口座から受取人の預金口座に移転させる。

公共料金などを銀行口座から自動的に引き落とす自動引き落としも、銀行口座を利用する決済方法の一つだ。また、クレジットカードによる支払いの場合は、カード会社が売り主にその代金を立替払し、後日、その利用代金をカード利用者の預金口座から引き落しという方法で決済が行われる。

直接的な現金の授受を伴わない、このような決済機能を提供している機関は銀行に限られる。決済機能は、銀行の数ある企業の中でも最も基本的で重要なもので、もし、これが健全に機能しなくなると、経済活動は大変な混乱をきたす。

決済機能の健全な維持は銀行の重要な使命で、そのためにも銀行には一般の企業以上に、経営の健全性や安全性が強く求められている。
| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融と経済活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。